読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

【回顧録】ブックオフ朝霞駅東口店閉店・・・していた…~兵達が夢のあと~

【スポンサーリンク】

これは朝霞駅東口店と私の最期の思い出を綴った、切なくもちょっぴり笑える別れの物語である。

 

ちょっと埼玉県朝霞市に用があったので、久しぶりにブックオフ(BOOK OFF) 朝霞駅東口店に寄ったのですが・・・

 

 

あれ?無い・・・

 

店が無い・・・

 

まさかそんな馬鹿な・・・

 

そんなわけあらへんがな~

 

取りあえず眼をゴシゴシ。何なら目薬を差してと。

 

見慣れた趣味の悪い看板が~

 

ザキヤマの目に飛び込んで~

 

来~る~!!!

 

はずなんだが・・・

 

まさかの閉店であります。

 

どうやら私が他の店の閉店セールで盛り上がっている間に、ひっそり閉店していた模様です。

 

ってか言ってよ!

 

そういう大事な事は、もっと早めに言ってくださいよ!!!

 

もっとこう・・・何ていうのかな~ ど

 

んどんアピールしていこうよ!

 

自分をさらけ出していこうよ!

 

 

あまりの衝撃にがっくり膝をつき、ぶつぶつ呟いていると、 3人組のおばちゃん達が眉をひそめながら通り過ぎていきました。

 

「何なのかしらあの人?」

 

「必ずいるわよね~気候が良くなってくると、ああいう頭のおかしな人間が。」

 

「やめなさいよ。聞こえたらどうすんのよ。何されるかわからないじゃない。」

 

って思いっきり聞こえてますけど~!!!

 

傷口にガッツリ塩を塗りたくられた気分・・・

 

胸に勇気を! 腕に力を! 心にダムを!

 

別に私は何もしやしないっすよ!

 

「同情するなら本をくれー\(◎o◎)/!」 ど

 

うやら朝霞東口店はブックオフの直営店ではなくFC店の為、 あまり大々的に閉店セールの案内はなかったようです。

 

死に際の猫のように、人知れずひっそりとその生涯ならぬ店涯?を閉じた、 朝霞駅東口店の心よりのご冥福をお祈りして・・・

 

( ̄十 ̄)アーメン・・・