読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

【回顧録】ブックオフ目白店閉店セール~壮絶な最期~

【スポンサーリンク】

これはBOOKOFF目白店と私の最期の思い出を綴った、切なくもちょっぴり笑える別れの物語である。

 

ブックオフ(BOOK OFF)目白店13年間の歴史に幕!

 

長いんだか短いんだかよく分かりませんが、今日は歴史的瞬間?に立ち会うべく、閉店セールにて仕入れです。

 

 

とにかく閉店セールは体力的に非常にキツイ。

 

同業のせどりとの戦いは勿論ですが、本当の強敵は一般のお客さんです。 せどりは多少ぎんみしながら本を買いますが、一般のお客さんは、

 

「でも、そんなのかんけ~ね~!でも、そんなのかんけ~ね~!でも、そんなのかんけ~ね~!」 ハイ!オッパッピー!

 

ってな訳で、気になった本を手当たり次第にカゴに放り込めばそれでOK!

 

相撲部屋のちゃんこ鍋パーティーに招待された一般人のごとく、ぼやっとしていたら、品定め中の本を、四方八方から伸びてくる「ジャイアンの手」によって、根こそぎ持っていかれる危険性大なのであります!

 

社員が朝から交代でセールに行き、私は閉店間際にお邪魔しました。

 

すさまじい人・人・人! そして壮絶な本の奪い合いであります!

 

店員さんも完全に舞い上がってしまって、マイクでわけわからないことを口走っております!

 

「何と本全品70円のところを、今夜限りの50円にします!10冊買っても500円!100冊買っても5,000円!1,000冊買っても50,000円!」

 

1000冊って・・・ 業者かよ!?

 

まぁ俺は業者だけど笑

 

ってか今夜限りって今夜で閉店じゃん・・・ ツッコミどころ満載のアナウンスを聞きながら、いざ参戦! もうほとんど良い本なんて残ってないかと思いきや、な、な、なんといきなりドラッガーの本を発見!

 

 

言わずと知れた「もしドラ」の「ドラ」の人です笑

 

経営の神様と言われる人で、今でもこの人の本は非常に人気があります! 分かり辛い場所だったとは言え、閉店間際にこの本が残ってるなんて、入社日に遅刻した・・・と思ってテンションがた落ちで駅まで行ったら、電車が止まってて遅刻にならなかった! ってくらいのラッキー具合ですよ!(昔の体験談より・・・) テンションマ~ックス!店の本根こそぎ取ったるで~!!!

 

 

30分後・・

 

か、帰りてぇ~・・・ 体力の限界っす・・・ もうダメだ・・・帰りてぇ~・・・

ドラゴンボールの「精神と時の部屋」かってくらいに、体力と精神力の消耗半端ないっす・・・

 

やっぱこういう時は、女性に行ってもらわないとダメですよね。男はバーゲン的な「戦場」を生き抜く術を知らないんですから・・・

 

結局数十冊買ったところで、あえなく撃沈・・・

 

しかしさすが閉店セール。

 

朝から晩まで「戦場」を駆けずり回るタフさがあれば、 売値で百万単位で仕入れることは、十分可能ですね。 皆さんも体力に自身があれば、チャレンジしてみてはいかがですか?

 

顔見知りの店員さんに「もしご要望があれば、閉店時間も延長しますので!」って言われたので、はっきり・力強く・明確に

 

「No Thank You!」 って言ってやりましたよ!

 

「今年最後の祭ですよ~!」

 

「今この場で本を買って、その場で立ち読みして、すぐにまた売っていただいても結構です! 当店は閉店はしますが、最後の最後まで買取もしております!50円で買って、この場で読んで、すぐに当店に50円で売って、ただで本を読みましょう!」

 

相変わらず訳のわからないことをハイテンション叫びまっくってる、店員さんの声を背中越しに聞きながら、店を後にしました。

 

ブックオフ目白店さん、短い間でしたが、お世話になりましたm(_ _)m!