親の死を乗り越える為に・・・僧侶が教えてくれたこと

いくつになっても親にとって子供は子供なのと同様、子供にとってやはり親は親だ。 若くして親を亡くそうが、天寿を全うして別世界に旅立とうが、悲しさは同じ。 考えても見れば親の死を前にして、悲しみに暮れる子供というのは、葬儀において最も見慣れた光景だ。