「喉ちんこ」の正式名称は「口蓋垂(こうがいすい)」

とんでもない遺族の話。 遺体が燃やされ、骨となる「火葬」 火葬の終わりと共に拾骨の用意が出来たことを告げるアナウンスが流れ、遺族・親族一同は控え室から「告別の間(収骨室)」へ。 火夫(火葬場の勤務員)の案内の元、粛々と「お骨上げ」が行われていく。