読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葬儀屋バカ一代

葬儀屋のブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

遺骨の色が変化(着色)するのは病気とは無関係!?火葬場遺骨・拾骨あれこれ

「死んだら灰になるだけさと笑っていた・・・」 長渕剛の『ガンジス』に登場する歌詞を持ち出すまでもなく、日本は遺体の火葬が義務付けられています。(『ガンジス』はインドを歌った歌ですが・・・) そこで、遺族に良く聞かれることを中心に、火葬場のあ…

火葬料金は?火葬時間は?営業時間は?火葬場の不思議(疑問)

大切な人の体が灰になる場所、「火葬場」。 遺体が荼毘に付される火葬場の疑問を、遺族に聞かれることを中心に簡単にまとめてみました。

葬儀でお坊さんは何をしてるの?-受戒・戒名・引導・血脈・剃髪の不思議

葬儀における僧侶の役割って何? 通夜に告別式、おもむろに斎場入りして訳のわからない作法やお経を唱えて帰っていくお寺のお坊さん。 宗教離れが加速する今、お坊さんって呼ぶ必要あるの?なんて声も大きくなりつつあります。 彼らはいったい何のためにやっ…

法律上、遺体はもはや「物」でしかないんだよね・・・

法律上ご遺体の搬送に使う霊柩車は「一般貨物自動車」。 ご遺体を搬送中は「貨物運搬中」となるのは、わかっちゃいるけど何とも悲しい話・・・

人間ひとりの火葬、CO2(二酸化炭素)の排出量はどのくらい?-葬儀業界と植林の意外な関係

さて問題です。平均的な成人ひとりを火葬するのに排出されるCO2は一体どのくらいでしょうか?

火葬場の炉内の温度

葬儀と共に荼毘に付される遺体。 日本の死者のうち98%が火葬にされるこのご時世、このブログを読んでいる誰もが世話になるだろう火葬炉。 なぜだが炉の温度が気になる人が多いようなので、記事にしておきます。

【葬儀の変わった風習・しきたり】釘打ちの儀をしなかったばかりに、柩(棺桶)の蓋が飛んでった!?

「みんなのお葬式体験談」変わったお葬式 ところであなたの地域は「釘打ちの儀」はしますか? 今回は柩(棺桶)の蓋に釘打ちをしなかったばかりに起こった珍?事件!

遺体(死人)の顔が眠った様に穏やかな理由-それは・・・神仏からの慈悲

仏(故人)の顔は往々にして穏やかだ。 「穏やかな顔をしているわね。」 「まるで眠っているみたい。」 「苦しまずに逝ったのかな。」 今にも起き上がりそうな穏やかな死に顔を前に、残された者たちが口々につぶやく。

お葬式から宮型霊柩車と花輪が消えた本当の理由-葬儀の疑問

ひと昔の葬式の定番と言えば、ド派手な宮付きの霊柩車に、これでもかと並ぶ花輪でした。 人生の労ねぎらい立派な霊柩車でご遺体を搬送する。 斎場には盛大に花輪が飾りつけられ、壮大な儀式が執り行われる。 こうした事情から、花輪と宮型霊柩車は、絶大な人…

【超簡単】葬儀と告別式の違いを徹底解説

小難しい説明は抜きにして、要するに「葬儀(葬送の儀)」と「告別式」って何が違うの? 一般的な葬儀を前提にして、一言で言うと 告別式・・・遺族と非常に近しい親族を除いた会葬者の焼香 葬儀・・・それ以外の部分全部 です。 これ以上でもこれ以下でもないの…

魚・動物・生ゴミ・遺体の腐敗臭を消す方法

人間・動物・魚・生ゴミなどの腐敗臭。とてつもなく嫌な気分にさせてくれるこの臭いの正体は一体何なのか?また消す方法は無いのか? 腐敗臭の正体 腐敗臭は「アミン(amine)」やアミノ酸などが主な原因です。 アミン類の代表格であるアンモニアやトリメチル…

【葬儀のプロが解説】焼香の本当の由来・意味

通夜・告別式・法要・・・ 葬儀で必ず行う焼香とは、一体どの様な由来があり、意味が込められているのでしょうか?正確に書かれているサイトが殆どないことが原因かも知れませんが、意外と知らない「焼香」の正体に迫ります。 「由来」 白檀(びゃくだん)等…

【葬儀のプロが解説】『清め塩』の何故(由来・意味・取り扱い)

葬儀の後に渡される「塩」 親から「清めだからやりなさい」と言われて育ったから、今でも何となくやっているけど、一体どんな意味があるの? そんな「清めの塩」について、ご説明いたします。 起源・由来 日本古来からの宗教観が起源。この宗教観を受け継い…

【皆が知らない】葬儀における『守刀』の全て(由来・意味・取り扱い)

死者の胸元に置かれる守刀。 そこにはどんな意味があり、何故置かれるようになったのでしょうか? そんな知られざる「守刀」の謎に迫ります。 由来・背景 一般的に仏教では人は死後、四十九日かけてあの世へと到達し、成仏(仏に成る)するとされている。そ…

人間の遺体の腐敗臭 VS シュールストレミング~「腐敗臭」どんな臭い?~

遺体が腐敗した時に発する強烈な腐敗臭。 どんな臭いなのかと聞かれることも多いのですが、 これは実際に嗅いだものにしかわかりません。 兎に角日常では嗅いだことのない、とてつもなく「悪」な臭いです。 体中の穴という穴から、悪魔の影のように体中に入…