読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

葬儀屋雑記

悲しみを吐き出させてやることも葬儀屋の大事な仕事~子供を亡くした母親の憂い~

それはやけにサバサバとした喪主だった。 息子が亡くなったというのに、ご遺体を引取りに病院に伺った時から、涙一滴どころか悲しい素振りすら微塵も感じさせない。 案の定、葬儀などは一切挙げず、最短での火葬を希望した。

【葬儀屋バカ一代】からブログタイトルを変更します

諸行無常 この世の全ての物事は常ならぬモノ。移ろいゆく時とともに、その姿を変える。。。 と言うことで、ブログのタイトルを変更します。

死は時に残酷で、時に優しい。。。とある囚人の最期

その存在は時に骸骨の身にマントをまとい、大鎌を持った恐ろしい異型の怪物もって表され、時に手の中の命をいくつしむ、美しくもはかなげな天使として表される。 どちらも同じ「死」を人間が具現化したものだ。 実にこの世で死ほど残酷で、反面優しさに包ま…

人ひとりの存在の大きさと偉大さ-悲しみの深さで無くしたもの存在の大きさを知る...

エレベーターの無い巨大な団地の階段を、5階まで一気に登り切る。 葬儀も無事終わり、自宅に位牌・遺影・遺骨を安置する後段やら、弔電やら、供物やらをご喪家の自宅に届けるためだ。 玄関先で息を整え、ふとドアの右上にかかげられた表札に目をやる。

【一見の価値有り】葬儀を執り行うことの意味と意義

この投稿は最後までお読みいただいて損はありません!是非最後までお読みください! 葬儀屋にとって最も嬉しいことは、遺族が「良い葬儀だった」と心から思ってくれること以外にはありません。 「良い葬儀」とは、心からの送り出しができた、生きている人間…

欅坂46の【世界には愛しかない】は、浄土についての歌だった!?

先日、第47回の紅白歌合戦出場メンバーが発表になった。 和田アキ子などの大物演歌歌手が落選する一方、デビュー1年の欅坂46が初出場を獲得。凋落著しいAKBグループを尻目に、姉妹グループの乃木坂46と共に、改めて坂グループの勢いを示した。 ところで欅坂4…

大手葬儀社の葬儀にイラッ!金看板と若さゆえの勘違いが生む悲劇

ちょっとした縁で、同じ地域に勤める日本でも有数の大手葬儀屋の社員と知り合いになった。 私の勤める葬儀屋は古くから続く、地元ではちょっとは名の知れた老舗で、「政治家、財界人、地元の名士の葬儀はここ」と、言われる葬儀屋だ。

初詣は神社!ハロウィンとクリスマスを盛大に祝い、葬儀は仏式!大いに結構じゃないか!

新年は神社にお参りし、ハロウィンやクリスマスを盛大に祝い、葬儀は仏式。 八百万の神を受け入れる柔軟性は、時に世界中の人々から批判と軽蔑を持って見つめられるものです。 他民族のみならず日本のテレビコメンテーターの中にも、ハロウィンで盛り上がる…

【サッカー仏国土代表】メジャーな仏でベストイレブンを組んでみた!‐仏オールスターズ

仏国と言ってもフランスじゃありません。 仏国土、つまり仏の国代表のベストイレブンを組んでみました。選考基準は人気・知名度・ご利益などを参考に、私の独断と偏見で選ばせていただきました。 少しでも仏教に興味を持ってくれればと思い、ちょっとした仏…

人間、何が一番恐ろしいかって?慣れですよ...

墨田区にあるお寺の本堂での葬儀。 雄大な東京スカイツリーをバックに、何とも気持ち良い光景が広がる。

喪服美女

ツイッターを使ってみたら、意外と楽しかった!

今や生活の一部となったSNS。 そのだいじょうかくのひとつがご存知「twitter(ツイッター) 「ツイッターライフ、なかなか面白いやんけー!」ということで、今更ながらツイッターを使い始めてみました。

謹賀新年-生まれゆく命と消えゆく命を想う...

謹賀新年 幾つもの命が誕生する陰で、幾つもの命が終わりを迎える。 今年は幾つの命を見送るのだろうか。。。

今年も多くの命を見送りました-葬儀屋の一年は葬儀に始まり、葬儀に終わる

今年も終わり。 振り返れば1月2日の通夜に始まり、12月31日の告別式を以って、仕事納めとなった。 葬儀屋の1年は、文字通り、葬儀に始まり葬儀に終わる。

日本人って素晴らしい!~世界に誇るべき思いやりの国民性~

日本人は真面目で他人を思いやることの出来る、心優しき民族だ。 最近日本に観光でやってきた中国人などから、自国民との民度の違いに感激した!という記事をよく目にする。 『思いやりの日本人』 そんな日本人の素晴らしい国民性を感じられたひとコマ。

坊主丸儲け?地獄の沙汰も金次第?結局最後は「金」なんだよ。。。

今週のお題「おすすめの手土産」 弟の家にお呼ばれした。 ちょうど弟の長男の誕生日が近い。 早速電話で弟に相談。 私「アンパンマンとか、戦隊モノとか好きだよね?おもちゃと本ならどっちが良いかな?」 弟「金が良い。」

「幼い子供の葬儀」

私が熱くなる瞬間、それはやはり葬儀の瞬間。 誰の葬儀でも勿論全力を尽くすが、若くして亡くなった方の葬儀は特に熱が入る。 こんなことを言ってしまっては失礼と言われるかも知れないが、天寿を全うされた方の葬儀はある意味「お祭り」だ。 悲しいには違い…

女子高生が語る!とある映画の「不満点」~リアルな死体~

今日も無事に葬儀を終え、家路に向かう電車の中。 空いている席に腰を下ろし、うつらうつらしていると、隣に座った女子高生3人組の、会話が聞こえてきました。 女子高生A「あの映画、ストーリーは悪くなんだけど、何か惜しいよね~。」 女子高生B「分かる、…