読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

喪主・遺族の知っておきたい知識

【火葬の副葬品】絶対に棺(柩)には入れてはいけない物

遺体を火葬する際、故人と縁のあった副葬品はアレコレ棺に入れてあげたいもの。 しかし、火葬場施設の関係上、棺に入れられるものと、入れられないものあります。 その中でも絶対に入れてはいけない物が、爆弾や化学薬品等の危険物を除けば、【カーボンファ…

【火葬の心得】身近な人を荼毘に付す前に読んで欲しいこと。。。

お釈迦様は29歳の時にこの世の【苦】を憂い、王族の地位を捨てて出家した。 それは人間に課せられた、大いなる苦しみを乗り越える術を見出すための、長い長い旅の始まりに過ぎなかった。。。

戸田葬祭場は民間の株式会社⁉︎都内の葬祭場(火葬場)の不思議

東京都板橋区にある戸田葬斎場。 荒川を挟んで対岸にある埼玉県戸田市にあると思っている人も多い様なのですが、れっきとした東京都内にある葬儀場・火葬場です。 では何故戸田市にないのに戸田葬祭場(通称戸田斎場)と言うのでしょう。

【徹底解説】ペースメーカーを付けまたまの火葬の注意点

亡くなりそうな身内が、ペースメーカーを付けているのですが、そのまま火葬してしまっても良いものでしょうか? こんな質問をいただきました。

精進落としの料理-基礎知識(喪主挨拶・席順・大事な心得・意味)

告別式の後に食べる「精進落とし」 そんな精進落としの本膳に関する基礎知識(食べる時の大切な心得・意味・喪主挨拶・席順)等をご紹介します。

通夜の夜に線香やロウソクの火を絶やしても良いんです!-長崎・雲仙で葬儀場全焼、仮通夜に参列の女性死亡

お通夜の晩は夜通し起きて、線香やろうそくの火を絶やさないようにしなければならない? いいえ、そんなことはありません。

香典泥棒に合わないための対策とは?₋葬式泥棒・忌中(喪中)被害

一昔前まで葬儀に付き物だったのが香典泥棒。 最近ではあまり聞かなくなりましたが、災難とは忘れた頃にやってくるものと相場が決まっています。 大切が葬儀が嫌な思い出に変わらぬよう、事前にしっかりとした自己管理を考えていきましょう。

【一見の価値有り】葬儀を執り行うことの意味と意義

この投稿は最後までお読みいただいて損はありません!是非最後までお読みください! 葬儀屋にとって最も嬉しいことは、遺族が「良い葬儀だった」と心から思ってくれること以外にはありません。 「良い葬儀」とは、心からの送り出しができた、生きている人間…

後飾り祭壇(中陰壇)には四十九日まで、どんなお供え物をしたら良いの?

死後から四十九日までのお供え物の飾り方。 火葬された後にご自宅へと帰ってきたご遺骨・お位牌・遺影写真。 葬儀屋が用意してくれた専用の「後飾り祭壇」にお飾りして、ようやく一息ですね。 でも、今晩からのお供え物はどうしましょう?

葬儀でお坊さんは何をしてるの?-受戒・戒名・引導・血脈・剃髪の不思議

葬儀における僧侶の役割って何? 通夜に告別式、おもむろに斎場入りして訳のわからない作法やお経を唱えて帰っていくお寺のお坊さん。 宗教離れが加速する今、お坊さんって呼ぶ必要あるの?なんて声も大きくなりつつあります。 彼らはいったい何のためにやっ…

葬儀の大変さは自ら経験してみて初めてわかるものです

「みんなのお葬式体験談」 遺族・親族として体験してみて初めて知るのが、葬儀の大変さというものです。 人生でそう何度も体験するものではないけれど、必ず誰もが経験しなければいけないものでもあります。

葬儀代金節約・無宗教葬・・・葬儀にお坊さんを呼ばないという選択肢

「みんなのお葬式体験談」 葬儀はその人の人となりを見られる場所ですが、葬儀屋は喪主を見ると遺族やさらには親族全体のレベルがわかります。 服装・僧侶の手配・・・考えなしの行き当たりばったりの葬儀は、どうやら親族に最悪の印象を与えてしまったよう…

葬儀の追加料金と、お寺に払うお布施が高すぎることにびっくり!葬儀屋の言いなりになってはいけません!

葬儀屋の言いなりになってしまってはいけません! 全国平均で200万円弱。私が言うのもなんですが、葬儀代金というのは兎に角高いものですよね。 その中でも特に厄介なのが、突然や降ってくる葬儀の追加料金とお坊さんに支払うお布施。

通夜の晩は斎場に泊まらなければならないのか?

夜と通すと書いて通夜。 一昔前の通夜(自宅での葬儀が一般的)といえば、近しい人間が夜を徹してお線香をたむけ、故人の思い出を語らう。そんな光景が一般的でした。 葬儀が斎場で行われようになった今日においても、斎場に宿泊する遺族もいらっしゃいます。…

火葬のみの直葬は正解なのか?-葬儀をすることの意義を考える

最近は火葬のみを行なう直葬が増えています。 東京では実に4件に1件が直葬だと言われています。 しかし、安易な直葬はかえって面倒な事態を引き起こす場合もあります。直送が悪いとは思いませんが、後々のこともしっかりと考えて行うことが大切です。

和室(正座)で葬儀をする遺族へのアドバイス-失敗しないお葬式

「みんなのお葬式体験談」 一昔前の葬儀といえば、畳に長時間の正座が当たり前でした。 足が痺れてやらかしちまった! この手の失敗談は枚挙にいと間がありませんね。

遺骨の分骨を希望の場合は必ず分骨許可証を取りましょう

「みんなのお葬式体験談」 現在のお墓とは別に故郷の墓にも遺骨を埋葬したい、大好きだった場所に埋めてあげたい、形見分けとして少し骨を持って帰りたい・・・ 分骨を希望される方の思いはそれそぞれ・・・ しかしどんな理由にせよ、必ずやっておかなければ…

【葬儀は突然に!】いざという時焦らないために生きているうちに準備と対策を!

「みんなのお葬式体験談」 突然やってくる葬儀。 病院や警察からの突然の連絡に頭は真っ白、どうしていいのか分からずパニックに・・・ 訳も分からず病院紹介の葬儀屋に頼んだら、予想以上にお金がかかったり、こうすればよかったと後悔ばかり・・・ そんな…

三味線は柩(棺桶)に入れても良いですか?-火葬で柩に入れられるもの、入れられないもの

みんなの疑問・質問 火葬の時にお柩に入れられ物、入れられないもの。みんなの質問・疑問

追善供養って何?回向抜きには語れない、回向と法要の不思議な関係

よく聞く追善供養とは何のこと?一体どんな意味があるの? 追善供養を語る上で、「回向」抜きにしてその存在は語れません。 仏教の持つ素晴らしい考え方、回向と共に説明していきましょう。

ダイソーで見つけた法事・法要のための黄色い水引のお香典袋

【おすすめの便利グッズ!法事に便利な黄色の水引付きお香典袋】 一周忌や三回忌など法事・法要。 僧侶に渡すお布施や参列者が持参するお香典は、黒ではなく黄色の水引の付いた袋を使うのが通例です。

「人は二度死ぬ」~亡くなった大切人に会いたいあなたへ・・・

大切な人を失ったあなたへ・・・ ひとりの人間には二回の「死が訪れる」という有名な言葉がある。 一度目は我々が通常使っている肉体の死。 二度目は人々の記憶の中から消え去り、誰からも思い出されなくなった時・・・

【火葬の副葬品】柩(棺桶)にカミソリは入れるの?小銭はいくらくらい入れるの?

みんなの疑問・質問

【葬儀の変わった風習・しきたり】いよいよ火葬...炉のスイッチを押すのは喪主の役目!?六文銭・友引

「みなんのお葬式体験談」変わったお葬式 みさなんの地域では遺体を火葬する際、炉のスイッチを押すのは誰の役目ですか?火葬場に勤める火夫さん?それとも・・・

「葬儀でありがち!5つのNGマナー」が、ありがちでもないので改めて解説

WEB雑誌R25で葬儀でありがちな5つのNGマナーについての特集があった。 実際に「ありがち」というモノから、「ネタ?」と言いたくなるモノまで様々だったが、あまり秀逸な内容とは言えないので、個人的な経験を踏まえて解説してみる。 ※あくまでも個人的な見…

遺品整理・遺品処分・遺品回収を依頼する前に...

遺品整理の依頼が増えている。 そんな中、遺品整理に関する興味深い記事があったので紹介させていただく。

アマゾンお坊さん便 僧侶から登録希望殺到も仏教界は批判的

葬儀や法事で高額なお布施が要求される僧侶への支払。 戒名と読経でなぜこんなに? そんな中、アマゾンなどを利用して格安で僧侶を派遣するサービスが人気を博している。 インターネット通販大手・amazonで12月8日、ついに「お坊さん」までがそのラインアッ…

悲しみは分かち合うことで2分の1になる-大切な人と死別したあなたへ

葬儀屋が語る「大切なこと」 ここ最近、若い人の葬儀を担当させていただくことが多い。 妊娠中の奥さんを残して28歳で事故死 33歳で就寝後に心不全 生後五ヶ月の乳幼児突然死症候群 悲しい葬儀に立ち会う場面が多い。

お葬式から宮型霊柩車と花輪が消えた本当の理由-葬儀の疑問

ひと昔の葬式の定番と言えば、ド派手な宮付きの霊柩車に、これでもかと並ぶ花輪でした。 人生の労ねぎらい立派な霊柩車でご遺体を搬送する。 斎場には盛大に花輪が飾りつけられ、壮大な儀式が執り行われる。 こうした事情から、花輪と宮型霊柩車は、絶大な人…

【完全解説】すぐに使える葬儀・告別式の喪主の挨拶-全体の流れから文例まで

出棺前や告別式終了後に行われる、遺族代表による御礼の挨拶。 喪主が行うことが多いが、ひな形を求められることも多いので、汎用性の高い構成を元に要点をまとめおきます。

【意外と知らない】葬儀と告別式の違いを徹底解説

葬儀(葬送の儀)と告別式が違うものだって知っていました? 意外と知らない葬儀と告別式の違いについて解説しいきます。

「自分で戒名をつけることは可能?」-そんな時はどうすれば良い?

何かとお金のかかる葬儀。 だからこそそこには様々なトラブルが潜んでいます。 以前ブログに『終活読本ソナエ』の記事に対する意見を求められたので、ぶっちゃけたことろを書いてみたいと思います。 第三弾 「自分で戒名を付けたいが、そんなことは可能なの…

「生前につけた戒名は駄目」-有効じゃない戒名なんてあるの?

何かとお金のかかる葬儀。 だからこそそこには様々なトラブルが潜んでいます。 以前ブログに『終活読本ソナエ』の記事に対する意見を求められたので、ぶっちゃけたことろを書いてみたいと思います。 第二弾 「有効じゃないな戒名なんてあるの?」 ◆トラブル…

何故?呼んでないのにお坊さん4人、請求額500万円!?

何かとお金のかかる葬儀。 だからこそそこには様々なトラブルが潜んでいます。 以前ブログに『終活読本ソナエ』の記事に対する意見を求められたので、ぶっちゃけたことろを書いてみたいと思います。 第一弾 「お布施で500万円請求された!」 えっ? 写真が下…

魚・動物・生ゴミ・遺体の腐敗臭を消す方法

人間・動物・魚・生ゴミなどの腐敗臭。とてつもなく嫌な気分にさせてくれるこの臭いの正体は一体何なのか?また消す方法は無いのか? 腐敗臭の正体 腐敗臭は「アミン(amine)」やアミノ酸などが主な原因です。 アミン類の代表格であるアンモニアやトリメチル…

『初七日』に本当にやらなけらばいけないことを知っていますか?

故人が亡くなってから七日目(関西では六日目)に当たる「初七日」と、その日に行われる「初七日法要」。 その後四十九日までの中陰の期間にやって来る七日毎の法要。 皆さんはその日に本当にしなければならないことと、その意味をご存知ですか? 「繰り上げ…

【火葬の副葬品】柩(棺桶)に生きている人の写真は入れてはいけません!(故人やペットはOK)

「火葬の時にお柩に入れていい物、入れてはいけない物」でも触れましたが、生きている人間の写真は柩に入れてはいけません。でも生きていてもペットの写真は入れてもOKです。 (Photo by Ahmad M) 近くにある葬儀屋のおじいちゃん社長から電話。 自社の納棺…

通夜は本当に必要なのか?~通夜をすることの意味~

告別式の前日に行われる通夜。 最近は通夜を行わない1日葬も増えていますが、そもそも通夜とは何なのだろうか? 「一般的な概念」 「一晩中線香を絶やさず、故人を偲ぶこと」 やはり一般的な概念といえばこれだろう。 「基本理念」 では、正解はどうだろう?…

遺体や葬儀(葬式)をカメラで写真撮影することは良いのか?

「ご遺体や葬式(通夜・告別式・葬儀)の様子を、写真やスマホやデジカメで撮影して良いものか?」 (Photo by emɹә) 時々この様な質問を受けます。 スマホやデジカメの普及によって、誰でも手軽にキレイな写真が取れる時代。 遺族や親族は勿論のこと、一般…

【徹底解説】火葬の副葬品でお柩(棺桶)に入れられる物・入れられない物

ご遺体を火葬するする前に、お柩に入れてあげる思い出の品や、好物だった食べ物。 これを副葬品と言います。 これさえ抑えておけば大丈夫! お柩に入れられる(入れても良い・入れてあげた方が良い) お柩には入れられない(入れてはいけない)物