読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死人の詩 -シビトノウタ-

葬儀屋バカ一代の葬式ブログ。誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式や失敗談、仏事で役立つ葬儀豆知識など。

お問い合わせフォーム-死/葬儀/法事/自死の質問・疑問・体験談・悩み募集

※このページは常にトップに設定 お問い合わせフォームを設置しまいた。 メインブログの【サハラの風】では書けないような、葬儀屋の実態だの愚痴やらを書きたくて始めたこのブログ。 気が付けば毎日2千人近い人が訪れてくださるようになり、たびたび体験談や…

遺影の写真が元で殺人事件勃発!?

とんでもない遺族の話。 葬儀で使う大切な遺影の写真。終活ブームで本人が事前に用意しているケースもあるけど、まだまだ大抵の場合、事前に生前の写真から遺族に写真を選んでもらい、それを引き延ばして使用する。 とある70代後半の女性の葬儀。 喪主はご主…

車のエンブレムは棺の中に入れられる?入れられない?-火葬の時の副葬品

皆様からご質問をいただきました。 火葬の際に故人の旧愛車のエンブレムを副葬品として棺に納めたい。 車のエンブレムを生前本人が廃車時に外されてて、自分で持っておられて、 「自分が帰天するときに入れて欲しい」と言われていたけど それを副葬品として…

葬儀における当寺院のお布施の額は【とんち】でお伝えします

とんでもない坊さんの話。 とある顔馴染みのご喪家の葬儀でのこと。式の前日、喪家から呼び出しを受けてご自宅に伺うと、渋い顔をした喪主様がお出迎え。

悲しみを吐き出させてやることも葬儀屋の大事な仕事~子供を亡くした母親の憂い~

それはやけにサバサバとした喪主だった。 息子が亡くなったというのに、ご遺体を引取りに病院に伺った時から、涙一滴どころか悲しい素振りすら微塵も感じさせない。 案の定、葬儀などは一切挙げず、最短での火葬を希望した。

【人生がときめく片付けの魔法】掃除関連の本が無駄に多い家ほど汚い!?-

【人生がときめく片付けの魔法】など、数年前から掃除や片付けに関する書籍がバカ売れしてますけど・・・ 掃除関連の本が多いご自宅って、意外と汚いですよね・・ ノウハウと行動は必ずしも一致せず!?

【回顧録】ブックオフ戸越駅前店閉店セール~時代と共に去りぬ~

これは戸越駅前店と私の最期の思い出を綴った、切なくもちょっぴり笑える別れの物語である。 ブックオフ(BOOK OFF) 戸越駅前店が閉店。 ところでブックオフにある本は、店舗のある場所の「街の色」を如実に反映します。 学生街のブックオフはマンガが多い!…

【回顧録】ブックオフ戸越駅前店閉店セール~時代と共に去りぬ~

これは戸越駅前店と私の最期の思い出を綴った、切なくもちょっぴり笑える別れの物語である。 ブックオフ(BOOK OFF) 戸越駅前店が閉店。 ところでブックオフにある本は、店舗のある場所の「街の色」を如実に反映します。 学生街のブックオフはマンガが多い!…

宮型霊柩車が消えた超意外な理由!?原因はアレだった!

宮型霊柩車が消えた「本当の本当の理由」 以前、「お葬式から宮型霊柩車と花輪が消えた本当の理由」でも書きましたが、いよいよ宮型霊柩車が絶滅の危機に貧しているようです。 宮型霊柩車“絶滅”危機 1月に“元祖”倒産…「日本の葬送文化の喪失」 海外へ活路見…

遺骨の「送骨サービス」 申込は4年間で数千件に到達

葬儀にも昔は考えられなかったような、新しい形が増えているようだ。

夫の死から2年後 「死後離婚」で過干渉の義父から解放される

死後離婚が急増している。 夫の親族が原因の場合は多いようだが、最愛の人とは関係ないことが原因で、二人が必死になって積み上げてきたものが崩れてしまうというのは、何とも悲しいことだ。

葬儀で赤っ恥をかいた酔っぱらいのオッサン-とんでもない会葬者の話-

とんでもない会葬者の話。 少しずつ暖かくなってきました。そろそろコートを手放す時期に入り、葬儀屋は少しホッとしています。 何せこのコートと言うのは、葬儀屋にとって、少々厄介な存在なんです。

別れの涙雨?それとも快晴?出棺時の天気はどちらがお好み?

とある男性の葬儀。 天気予報は生憎の雨だったが、何とか出棺までは持ってくれた。 喪主を務めた長男から会葬者に向けての御礼の挨拶が終われば、最寄りの火葬場に向けて出棺となる。

私と喪主様と天国の奥様だけの小さな小さなヒ・ミ・ツ♥-とんでもない遺族の話-

とんでもない遺族の話(という程のモノでもありませんが・・・) 3人だけの小さな小さな秘密の話。

「友引」でも葬儀はできるの?葬儀で茶碗を割るのはなぜ?-地域の変わった風習

地域による差も大きく、意外と知らないことの多い伝統的な葬儀式。 近年、都市部を中心に急速な簡素化が進み、益々葬儀に関する諸々が廃れつつある日本ですが、伝統的な葬儀に関する興味深い記事を発見したので、紹介させていただきます。 短い取材時間で書…

【火葬の副葬品】絶対に棺(柩)には入れてはいけない物

遺体を火葬する際、故人と縁のあった副葬品はアレコレ棺に入れてあげたいもの。 しかし、火葬場施設の関係上、棺に入れられるものと、入れられないものあります。 その中でも絶対に入れてはいけない物が、爆弾や化学薬品等の危険物を除けば、【カーボンファ…

【葬儀屋バカ一代】からブログタイトルを変更します

諸行無常 この世の全ての物事は常ならぬモノ。移ろいゆく時とともに、その姿を変える。。。 と言うことで、ブログのタイトルを変更します。

死は時に残酷で、時に優しい。。。とある囚人の最期

その存在は時に骸骨の身にマントをまとい、大鎌を持った恐ろしい異型の怪物もって表され、時に手の中の命をいくつしむ、美しくもはかなげな天使として表される。 どちらも同じ「死」を人間が具現化したものだ。 実にこの世で死ほど残酷で、反面優しさに包ま…

【火葬の心得】身近な人を荼毘に付す前に読んで欲しいこと。。。

お釈迦様は29歳の時にこの世の【苦】を憂い、王族の地位を捨てて出家した。 それは人間に課せられた、大いなる苦しみを乗り越える術を見出すための、長い長い旅の始まりに過ぎなかった。。。

戸田葬祭場は民間の株式会社⁉︎都内の葬祭場(火葬場)の不思議

東京都板橋区にある戸田葬斎場。 荒川を挟んで対岸にある埼玉県戸田市にあると思っている人も多い様なのですが、れっきとした東京都内にある葬儀場・火葬場です。 では何故戸田市にないのに戸田葬祭場(通称戸田斎場)と言うのでしょう。

【徹底解説】ペースメーカーを付けまたまの火葬の注意点

亡くなりそうな身内が、ペースメーカーを付けているのですが、そのまま火葬してしまっても良いものでしょうか? こんな質問をいただきました。

精進落としの料理-基礎知識(喪主挨拶・席順・大事な心得・意味)

告別式の後に食べる「精進落とし」 そんな精進落としの本膳に関する基礎知識(食べる時の大切な心得・意味・喪主挨拶・席順)等をご紹介します。

【仰天の事実】葬儀屋史上最高にびっくりした出来事!(目を疑うハプニング!?)

「今までに最高にびっくりした出来事や、ハプニングを教えてください」 そんな質問をいただきました。 こんな商売をしていると、有り得ない出来事に遭遇することは希にありますが、折角なのでそのうちのひとつを書いてみたいと思います。 もうハプニングと呼…

遺骨の色が変化(着色)するのは病気とは無関係!?火葬場遺骨・拾骨あれこれ

「死んだら灰になるだけさと笑っていた・・・」 長渕剛の『ガンジス』に登場する歌詞を持ち出すまでもなく、日本は遺体の火葬が義務付けられています。(『ガンジス』はインドを歌った歌ですが・・・) そこで、遺族に良く聞かれることを中心に、火葬場のあ…

火葬料金は?火葬時間は?営業時間は?火葬場の不思議(疑問)

大切な人の体が灰になる場所、「火葬場」。 遺体が荼毘に付される火葬場の疑問を、遺族に聞かれることを中心に簡単にまとめてみました。

人ひとりの存在の大きさと偉大さ-悲しみの深さで無くしたもの存在の大きさを知る...

エレベーターの無い巨大な団地の階段を、5階まで一気に登り切る。 葬儀も無事終わり、自宅に位牌・遺影・遺骨を安置する後段やら、弔電やら、供物やらをご喪家の自宅に届けるためだ。 玄関先で息を整え、ふとドアの右上にかかげられた表札に目をやる。

性同一性障害(LGBT)に悩む-「この体が嫌なんよ」胸かきむしり嗚咽、命絶った我が子

減少傾向にあるとは言え、年間2万5千人以上の人間が自ら命を絶つ日本社会。 その原因は様々だ。

妻が喜ぶ「死後離婚」 10年で1000件以上も増加

熟年離婚が増えているようですが、それと共に「死別離婚」も増えているようです。

通夜の夜に線香やロウソクの火を絶やしても良いんです!-長崎・雲仙で葬儀場全焼、仮通夜に参列の女性死亡

お通夜の晩は夜通し起きて、線香やろうそくの火を絶やさないようにしなければならない? いいえ、そんなことはありません。

【長編アニメ】ドラえもんとゴミ屋敷に住むご遺族との長い長〜い葬儀の1日

とんでもない遺族の話 火葬後の解散式も終わり、ひとりまたひとりと会葬者が家路に着く。 残された喪主さん(故人の妻)と、故人の弟。 ところでこの喪主さんが中々のくせ者。 御歳80歳超とあって、若干・・・いやかなり頭が弱くなっている。 ドラえもん の…

夫婦の絆が生み出した奇跡~認知症の妻と介護者の夫の物語~

血は繋がっていなくても、夫婦の固い絆は時に全てを超える。 そんな夫婦の物語。

ふとした瞬間に亡くなった父を思い出す・・・悲しみを抱えて我々は生きている-愛別離苦

大切な人を亡くしたあなたに・・・ 人は自らの意思とはかけ離れた力によってこの世に生み出され、そしてまた去っていかねばならない。 本来きた場所に帰るのだから、何も心配はいらないのだが、そうは言っても八十年。逝く者と残される者・・・様々な縁やし…

仏教?神道?キリスト教?うちの宗旨(宗教・宗派)って何だっけ?

とんでもないご遺族の話 あなたは自分の家の宗教や宗派が何だか分かりますか?

蘇る伝説【『キャンディキャンディ』イラスト集 PART 2】(なかよしデラックスアルバム)

どういう風の吹き回しか地方に在住の方から、古本の買取り依頼をいただきました。 とにかくキャンディキャンディのイラスト集などが あるとのことで、気が変わらぬうちに早速郵送してもらうことに。

事故?自殺?他殺?焼死した父親の闇と遺族を縛る後悔の念

まさか自殺?いや、あの人に限って、事故に決まってる!でも・・・

【より悪いのはどっち?】悪いと知りつつ悪事を働く・悪いと知らずに悪事を働く

悪いことだと知りつつ悪いことをする・悪いことだと知らずに悪いことをする。 あなたはどちらがより「悪人」だか知っていますか?

葬儀でお香典を渡すタイミングは?渡し忘れた場合は?香典辞退の場合は?

葬儀に参列した際の最大のイベントといえば、焼香お香典の提出! 間違いありませんね! そんなお香典を出し忘れて、冷や汗をかいたという投稿です。

ひ孫から曾祖母への心温まる贈り物~命のバトンの物語~

斎場を元気に走り回る故人の孫やひ孫を見るに付け、脈々と受け継がれる命のバトンというものを頭に思い浮かべずにはいられません。 そんな役目を終えて命の源へと帰られる人生の先輩へ、バトンを受け取った次世代の担い手からの心温まる贈り物。 火葬のみの…

心のゆとりを無くした日本人~葬儀を「通報」 除夜の鐘に「うるさい」 餅つきは「食中毒心配」

大晦日の夜に人間の煩悩を消すべく「ゴーン!」という鐘の音が聞こえると、(あぁ、今年も終わりか~)と何とも言えない感慨深い思いに浸り、新年はつきたての餅のえも言われぬ美味しさに舌づつみを打つ。 そんな除夜の鐘や餅つきが存亡の危機を迎えているら…

香典泥棒に合わないための対策とは?₋葬式泥棒・忌中(喪中)被害

一昔前まで葬儀に付き物だったのが香典泥棒。 最近ではあまり聞かなくなりましたが、災難とは忘れた頃にやってくるものと相場が決まっています。 大切が葬儀が嫌な思い出に変わらぬよう、事前にしっかりとした自己管理を考えていきましょう。

【赤本】の意味を答えよ~「大抵の人間にとってタンスの肥やし(東大入試問題より)」~

大学受験シーズンを前に、注目度がMAXに達する「赤本」を発見! 年が明ければ、いよいよ受験シーズンに突入ですね。 ああ~、必死に大学を目指した昔を思い出します。

自らの学び舎から飛び降り自殺した学生と自死遺族の心の闇

もう何年も前の話である。 ひとつ若い命の灯火が、自らの手によって静かに消えて行った。 自身が籍を置く学び舎から身を投げたのは、まだ十代の若者だった。 詳しいとこは書けないが、高校を卒業し、東京の実家を離れて、ひとり海外の大学に留学していた中で…

【一見の価値有り】葬儀を執り行うことの意味と意義

この投稿は最後までお読みいただいて損はありません!是非最後までお読みください! 葬儀屋にとって最も嬉しいことは、遺族が「良い葬儀だった」と心から思ってくれること以外にはありません。 「良い葬儀」とは、心からの送り出しができた、生きている人間…

愛別離苦-幼い頃に経験した母親の葬儀が今尚心に深い影を落とす・・・

このサイトを訪れてくださった全ての皆様が、大切な人を亡くした経験がお有りでしょう。 愛別離苦・・・愛するものと別れる苦しみ 大切な人との別れは、常に身を引き裂かれるほど辛いもの。 しかし、お世辞にも天寿を全うしたとは言えない年齢で逝かれた故人…

【古きよき日本の葬儀】葬儀が遺族・親族と町内会の合同葬だった時代

近年すっかり都市部における葬儀の主役に躍り出た家族葬。 親戚や近所を中心とした町内会(俗に言う組ウチ)が総力を挙げて葬式を執り行う、昔ながらの一般葬は影を潜めるばかりですが、そんな古き良き葬儀に関する投稿をいただきました。

欅坂46の【世界には愛しかない】は、浄土についての歌だった!?

先日、第47回の紅白歌合戦出場メンバーが発表になった。 和田アキ子などの大物演歌歌手が落選する一方、デビュー1年の欅坂46が初出場を獲得。凋落著しいAKBグループを尻目に、姉妹グループの乃木坂46と共に、改めて坂グループの勢いを示した。 ところで欅坂4…

【人の死で飯を食う】葬儀屋の小さなプライド

「人の死で飯を食う商売」 良い・悪いは別として実に的を得た、ごもっともな表現だ。 しかし、つくづく葬儀屋というのは因果な商売だ。 必要とされるのは決まってひとりの人間の人生に、死という名の帳が下された時と、相場が決まっている。

【火を使わないから安心・安全】LED(電子)ろうそく&線香

【おすすめの便利グッズ!火を使わないから安心・安全の仏具】 ダイソー 毎日灯明(ろうそく)を灯し、お線香を手向けたいけれど、気になるのが仏壇火災。 乾燥する冬の季節は特に心配なもの。 そこで活躍するのが火を使わない電池式の電子ロウソクや線香。

子供が自殺!泣き崩れる実の親と、我関せずの義理の親・・・

複雑な家庭環境が子供を自ら死に追いやったのか? 泣き崩れる実の親の傍らで、我関せずの表情で佇む義理の親。

あなたは棺が複数並べられた葬儀に参列したことがありますか?(家族合同葬)

人生には映画かドラマの中と見間違うほど、悲惨な最期を迎えられた方の葬儀に当たることがあります。 会社員をしている男性です。入社当時から仲の良かった親友を火事で亡くしました。 家族思いの男で、ローンを組んで3階建ての一軒家を購入し、子供と妻の3…